スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Napoli, Alberobello


5日目。カプリからナポリへ。

カプリともお別れ。
カプリがすっかり気に入ってしまい、最終便でナポリに移動することも考えたのですがナポリでも外せない所があったので、潔くチェックアウトすることにしました。
最後にマリーナグランデで飲んだレモンジュースの味が忘れられません。

ナポリの宿泊先は港から徒歩10分以内のはずでしたが地図をみても該当する通りがなく、なんだか様子も違うみたい。通りすがりの男性に聞いたところ、「キアイア通りはあそこに止まっているバスに乗るんだよ」とのこと。えっ???そんなはずないのに~ また別のおばさまに聞いてみると、やっぱり彼女も「あのバスに乗るのよ!」と言う。「歩いて行けないの?」と食い下がると「無理!」との答え。えええ??
そこで初めてナポリは港が2つあったことを思い出した私。急いでバス停に行き、タイミングよくきたバスに乗り込みました。キアイアのバス停で一緒に降りた女性が親切にもキアイア通りまで連れて行ってくれました。。。。こうして書いてみるとあまり大した事ないのですが、この旅の中で一番焦った出来事でした。おまけにバスの中で私のリュックのポケットに手を入れる兄ちゃんを目撃してしまいドッと疲れが(--)m 
私に見られたドロ成り損ないの兄ちゃんはさっと手をひいて、丁度止まったバス停で降りていきました。リュックの中はカプリのお土産しか入っていなかったのですが、ダミーの財布でも入れておいてぬか喜びさせてやればよかったわ。

そんなこんなでやっと到着したナポリのホテル。
素敵なお部屋で疲れも吹き飛びました。わーい!
mh HOTEL

ホテルの部屋。新しくてセンス抜群!
Italy 48

少し休んでから卵城へ。        napoli1

        napoli2   暑かった~

その後は、これがあるのでカプリから早くひきあげたようなもの!ナポリ地下都市見学ツアーに参加しました。この旅の中ですごく楽しみにしていたイベントの一つ。

日本語のツアーがないので英語のツアーに参加。人数は全部で10名位。ガイドさんは若くてキレイな女性でした。
ここから見学の始まり!
napoli3 
見学中の写真は残念ながらありません。。。途中、キャンドルを持って真っ暗な狭い通路を歩くシーンがあったのですが、キャンドルを持ちながら何故今自分はこんなことをやっているのだろう?と不思議に思った瞬間がありました。

沢山の洗濯物が干されている風景 napoli4

この建物の地下が劇場とは全く想像できません。。。おそらくここの住人は地下に降りたことなどないのでは??
ナポリのオススメ観光スポットですよ♪

夕食は老舗のピザ屋で。
http://www.damichele.net/
フィレンツェもカプリも食事代が高かったので、やっと安心できる価格に出会いました…
有名店なだけあって美味しかったです!

ホテルに戻ってダウン!tちにはホテル近辺を1人で散策してもらったのでした。
ナポリの夜をふらつけなくて少し後悔。

6日目。
日帰りでアルベロベッロへ。

アルベロは昔からどうしても行きたかった所。私の強い要望で無理矢理旅程に入れました。
不便な場所だし時間は限られているし荷物はあるしで自力の移動は大変なので、ナポリ⇔アルベロベッロ往復の運転手と車をチャーター。
片道3時間半かかりましたが、一面オリーブの木やら葡萄の木…のどかな風景に癒されたせいか移動も思ったより苦になりませんでした。
8時半にナポリを出発してお昼にはアルベロベッロに到着。
ドライバーさんとは15:30に待ち合わせをしてお別れしました。

円錐形の可愛らしい屋根の街並み
alberro7 

ランチはアルベロ名物オレキエッティ alberro6

トゥルリを改造したレストラン
alberro6 

alberro5    alberro1

alberro4 
屋根だけ撮ってみました

教会もあります alberro2

alberro3 
お土産物屋さんも可愛いっ!

真っ白でおとぎ話にでてきそうな想像どおりの町でした。
イタリアに住んでいたとしても気軽に行ける場所ではないだけに喜びもひとしお。

ドライバーのマイクさん driver
とても親切なセニョールでした。帰りに寄ったサービスエリアではエスプレッソをご馳走してくれたり、ナポリのめちゃうまレストランを教えてくれました。

19時、無事ナポリに到着。
買物したものを部屋に置いてからマイクさんに教えてもらったレストランへ。

da GIGINO
(Via Cisterna Dell'Olio. 2  TEL:0815518993)
マイクさんの今は亡き親友の息子さんが経営するレストラン。
お客さんはほとんど地元の人。

napoli6
ムール貝とズッキーニのペンネ
これが最後に一番美味しいものを食べることができた!っていうくらい美味しいの。びっくり!
あのレストランに行くためだけでもまたナポリに行きたいよう~ おまけにリーズナブル。最高でした。
隣のテーブルは大人数だったので次から次へと美味しそうな魚介料理が運ばれて来ていました。。。二人だと食べられる種類もせいぜい3種類位というのが辛いところでしたね。

大満足でホテルに戻り、イタリア最後の夜はふけていきました。


7日目。ローマ経由で成田へ。
無事に飛行機も動き(当たり前のことなんですけれどね…アリタリア航空はどうやらそうではないらしいんです)帰国。

最後に。ネットで知り合った怪しい占師にお付き合い下さりましたtち、Grazie mille!
いつか、この旅行のイラスト集を出版できるとよいね!

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

<< 13. DEATH ~死神~  【BACK TO HOME】  CAPRI >>


◆ コメント ◆

「素敵!」


アルベロベッロ素晴らしいところですね!!
知らなかったですがSAKURAさんの写真をみて感激しました。

そしてマイクさんに教えて頂いたレストラン、グルメなSAKURAさんが絶賛しているのならかなり美味しいのでしょうね。
確かに二人だと種類をチョイスできないのが残念です。

あーーすごくアルベロベッロに行きたくなりました。


「ナポリ&アルベロ。。」


どちらもいいお天気に恵まれた
ようですね!
ホテルも素敵で、(バーチャルで
通りの景色をジジジと見て
私も旅気分^^) 
ナポリの地下都市見学はタイム
スリップのようだし。。とても
長そうですが。。アルベロベッロの町並みも、なにか絵本に
出てくるようですよね~。
あの屋根のふしぎな模様が
気になりますね~。ズッキーニと
ムール貝のペンネは、ドライバーのマイクさんに教えてもらった
レストランで食べたのですね♪



「ユカリさんへ」


アルベロは小人がでてきそうな可愛らしい町でしたよ!
かれこれ15年以上前から行きたかった所だったので感激もひとしおでした…

人のいない路地に入ると時間が止まったようでした。

ぜひぜひカプリとセットで行ってみてください!!


「Sちゃんへ」


お天気にはずっと恵まれていました♪途中で寄ったサービスエリアでは雨が降っていたようでしたが。

ナポリのホテルは雑誌に出ていてオシャレな感じがしたので予約してみたところ大当たりでした!

マイクってイタリア人ぽくない名前だと思いませんか?でも生粋のナポリ人だそうです。
ほんとにここのレストランは全て食べてみたいと思わせる所でした。


「さすがイタリア人」


マイクさんて結構いい歳なんでしょうが、粋なオヤジですね。
私もこんなオヤジを目指します。


「Manoaさま」


Manoaさま、ダンディで素敵ですよ!
よくわからないのですがマイクさんのようなカンジが「ちょい悪」??なのでしょうか??

ナポリ人の「つけ鼻」のような鼻立ちは思わずまじまじと見てしまいます…

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。